スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第58回勝田全国マラソン

勝田全国マラソンも3度目の参加になれば、もうあまり書くネタもないだろうと思ったのだが……。トホホの神様のいけずっ!

前日はジョグノートのリンク友達のKNさんと待ち合わせて夕食を一緒に摂る。もちろんガソリンもたっぷり。昨年はいろいろと同じ大会には出たのだが、なかなか会えずに東京マラソンの前日以来1年ぶり。0時まで楽しく飲めてうれしかった。満月のきれいな夜。

DSC04264.jpg

翌日の勝田全国マラソンは11時という遅い時間がスタートなので、セオリーに従い4時間前の7時に旅館の朝食をお願いしておいた。後はゆっくり寝て、翌朝ゆっくり準備をするだけ。会場まで徒歩3分なので焦ることもない。横になるとすぐに夢の中へと潜行していった。どのくらい時間が経ったのか知らないが、なんか頭上でピピピピッとうるさい音がする。邪魔なので闇雲に手を振り回すと音が消えて平穏が戻った。しばらくすると、今度は電話の音がうるさい。誰だよ?こんな時間に?思いながら不機嫌に目を開けて枕元の時計を見ると……、8時だった(苦笑)。フロントが7時になっても食事に来ないので、念のために内線をかけたらしい。あやうく寝坊でDNSになるところだ。旅館の配慮、ありがたいねえ。しかし、懲りない男ですな(苦笑)。顔が見てみたいよと思いながら、化粧鏡の前で髭を剃る。

まだ余裕は充分あるので、朝食をしっかり食べた後は部屋でくつろぎながらゆっくりと着替え。9時になって旅館を後にすると会場に向かう。例によって「か~ぜ~に~な~れ~」がエンドレスで流れている。

受付でナンバーカードを受け取ると、まずはえどがわ~ズ総帥とHCさん、MSさんに会ってごあいさつ。TKさんも来ているはずだが会えず仕舞(笑)。新年会で今年の勝田には絶対に来ると言ってたHSさんはDNS。

「ふ~ん、いがいだねえ」(棒読み)

さすがはドタキャン王子。期待は裏切るが予想は裏切らない(苦笑)。

ナンバーカードを前後につけると、会場内を散策。ここは最初の7kmぐらいまで給水がないのと、寒いので暖かい飲料(注:揮発成分なし)を身体が欲している。すると後ろから、

「サンタパパさん。サンタパパさんっ!?」

と声がする。振り向いてびっくり。一昨年の佐渡一周で知り合いになり、昨年も奥武蔵、伊達桃の里、佐渡一周でお会いした仙台のTDさんではないか。この1万人規模の大会で会えるとは今日も朝から運がいい。喜びのハグをして、一緒に記念撮影。


「よく後ろからで判りましたね?」

と訊くと、

「いやあ、後ろから見てあの体型はサンタパパさんだと思って……」

い、1週あけて違う人からまたそのネタかい?(苦笑) やっぱりこの濃厚な背脂が……(悲)。

スタート時間も迫ってきたので荷物を預けることにする。この勝田全国マラソンの荷物預けは個人的は最高だと思っていて、大きな厚手のビニール袋に荷物丸ごと預けることができて手際もすごくいい。\100とは言わず\300になったとしても充分納得するよ。

30分前だが既に続々とランナーはスタート位置に向かっている。フルだけでも1万人規模の大会だけに、かなりの混雑だ。ほぼ最後尾に並ぶとスタートを待つ。空は厚い曇り空で、昼近くとはいえ、じっとしていると若干肌寒い。昨年と同じ「しゃべり続けないと死んじゃう病」みたいな感じでアナウンスがあまり途切れなく流れる。個人的には今のテレビなんかの風潮のように、感動の押売りめいた言葉はあまりいいとは思わないんだけどなあと思いながら、皆の失笑まじりの様子をぼんやりと聞いていた。

DSC04279.jpg

定刻に号砲が鳴ると花火が上がる。人は動かない(笑)。2車線の道に1万人が鮨詰め状態だけに無理もない。やがてじわじわと歩き始め、スタート地点まで5分を要した。

ここから先はさすがに3年目になると勝手知ったるなんとやら。とりあえずペースを見ながら走っていく。過去2回ともここがきっかけで大きな故障をしているゲンの悪い大会だけに、今年は慎重に走りたい。同時に一昨年は自己ベストを出せた比較的走りやすいコースだけに、気持ちは前に前に進みたがってくる。まずはゆっくり入っていこうと意識的にペースを落としていった。

昨年秋から、いつも走り始めは右膝頭の下が痛んでロボットのようなぎこちない走りになって、やがて温まってくると痛みがすっと消えるのだが、今日は少し勝手が違う。痛みが抜けたり、また出てきたりの頻繁な繰り返し。走りにくいことこの上ない。5km走っても同じような状態だったので、ちょっとリタイアも考えに入れることにした。途中靴紐も2回解けて、「不吉だ!」と思ったが、これは自分がしっかり結んでなかっただけ(苦笑)。

8km付近でコースを大きくそれると、パチンコ店に入店。別に走るのに飽きたとか、帰りの電車賃を稼ごうとかいう気はさらさらない。実は朝のオツトメはしっかりしたのだが、それでも栄養素を取り込んだ残りをせっせと体内で製造する人体の不思議。下がだんだんエマージェンシーになってきたのだ。さりとて「勝田全国マラソン公認トイレ」は、どこも結構列ができている。かといって自然に戻すのも憚られるし、それが元で「サンタパパさん……、あなたはまるで野○○のような人だ」と民夫さんに言われるのもやだ(出典:野菊の墓)。そこで目をつけたのがパチンコ店。喧騒は苦手だが、そこならトイレは確実にあるし、混んでもいなさそうだ。

もうしばらく行くとジョイフルホンダというDIY店があるのも知っていたが、そこはそこで別の意味で危険。抗い難い誘惑が多く、店を出たら150Φの定尺薄肉塩化ビニル管と継ぎ手と専用接着剤を持って走っていたということにもなりかねない。

パチンコ店の入口の自動ドアが開くのもどかしく、勢いよく入るとフロントのおねーさんに訊ねる。

「すみません!トイレ貸してください!」

するとおねーさんはニコリと笑って、なんとインカムで「少々持ち場を離れます」と場内放送して(苦笑)、「どうぞ、こちらに」とトイレの場所を至極丁寧に案内してくれた。徒歩15歩(爆笑)。なんか恥ずかしいなあ。新手の羞恥プレイか?(笑)

うれしいことに洋式トイレ。さくっと座るとスタートの号砲が鳴り、ラッパを持った天使が頭をぐるぐる回る。ハ~レルヤ~、ハレル~ヤ、ハレル~ヤ、か~ぜ~に~な~れ~。

数分後、しっかり落ち着いてフロントのおねーさんに例を言うとマラソンに合流。大会を再開する。足の調子は相変わらず。どうにももどかしい。気を紛らわすために音楽を聴きだしたが、10kmのラインをまたいだ途端電池切れ。

「ちくしょうっ!」

と叫ぶと、無用の長物になったシリコン・オーディオをアスファルトに叩きつけた。なんてことは、ビンボーでオンコーな私にできるはずもなく、寂しくウェストバッグにしまいこむと、この先は飴をなめることで気を紛らわすことになった。この時点で1:20。8min/kmだが、スタート時のロスとオツトメの時間を考えると完走するにはまずまず。悪いペースではない。

しばらく行くとパトロール・カーが放送しながら後ろから走ってくる。どうやら道路の交通規制が解除になるようで、歩道が必須になる。このあたりはジャーニーラン系に慣れているので問題ないが、微妙に揺さぶりをかけてきたなと思うことにする(笑)。

それにしても残念なのは、給水所の道路に捨てた紙コップの氾濫。小心者だからか、すごく心が痛む光景だ。また、制限時間に近い走りをしているからか、毎年多く見た私設エイドにはほとんど出くわすこともなく、一瞬「不況の波もここまで来たか……」と心配になる(笑)。それから、公設エイドも片づけを始めてたりするので、これも微妙に揺さぶりをかけてきたなと思うことにする(笑)。

DSC04284.jpg

足の調子は相変わらずで、昨秋からの状態では一番悪い部類に入るだろう。痛みが引くとちゃんと走れるが、しばらくすると痛みが出てくるので足をかばい、時には引きずりながら走ることになる。原因不明で一定でないのがとてもやっかいだ。

17km付近でリュックを持った応援の女性が1人佇んでいる。彼氏が走っているのかもしれない。その女性は足を引きずりながら走る私を見て、「足が痛むのですか?」と声をかけてくれた。そして、

「冷却スプレー持ってますから、どこが痛いのか教えてください」

と言うではないか。膝頭の下を指差して、「ここです」とお願いすると、シューッとしっかり噴射。

キックゥ~~~!

すごく効く。患部の炎症が抑えられるからだろう。痛みがすっと引いていく。そして、それ以上に心に効く!人情はありがたいものだなあ。

頭を下げて篤くお礼を言うと、先を急ぐ。足は順調に動いてくれる。だが、もちろん冷却は一時的な処置。やがて馬車がかぼちゃに戻るように、痛みがまたでてくるだろう。その時が……。

20km地点を通り、そして中間地点を2:48で到達。余裕はないが、前半走れていないだけに足の疲労は少なく、どうにか完走はできそうなタイムではある。だが、このあたりからまたじわじわと足の痛みが出てくる。

「頼むっ!治まってくれ」

という願いもむなしく、膝は足にかける負担を警告するようにだんだんその痛みを強くしていく。実はこれまでフル・マラソンではリタイアしたことはない。だが、ここで無理してこの先のレースを棒に振ることになっていいのだろうか。そこまでこだわるレースなのだろうか。

あっさり結論を出した。もちろん、リタイア。これが、このレースに身代わりになってくれたセリヌンティウス(って誰だよ?)を裏切らないために走るのであれば最後に裸になってもリタイアは考えない。これが、前日病院でファンの子(って誰だよ?)に「明日は君のために必ずホ-ムランを打つ!だから君も手術を受けるんだ」と言ったのなら、最後まで走りきる。なんだったら病室の外の壁に最後の葉っぱの絵も書いちゃう。

だがここは安全を見て、足を悪化させないためにもリタイアしようよ。昨年の二の舞はもやめようよ。それにここは収容バスがあるからさ……。

収容バス!!

そう、収容バス!!

昨年から故障のために何度かDNFをしているのだが、実は収容バスには一度も乗ったことがない。ということで未体験の私には、あのバスの中でどのような酒池肉林が行われているのか、厚いベール、いやさ鉄のカーテンの向こうにあって想像だけを著しく喚起しているのだ。

嗚呼、収容バス!
ラララ、収容バス!
甘美な響き~、
汝の名は~収容バスゥ~!

突然脳内ミュージカルが始まって少し元気になる。ここから読んだ方は、新しいタイプのランナーズ・ハイ現象になったのか、もしくは実はLSD(笑)だかんだかクスリをイッパツキメて走っているのだと誤解されたかもしれない。だが、これは単に初物好きなだけなので安心してほしい。なにせ長い人生の中での初体験なのだ。もうドッキドキのワックワクですぅ。

走るのをやめてしばらく歩くと、道の向こうに23.6kmエイドが見える。そこが今回の旅の終着駅。こうして、私の勝田全国マラソンは幕を閉じた。

DSC04288.jpg










そう、あっさり幕を閉じたはずだった。エイドで訊いてみる。

「ここで待ってたら収容バス来ますか?」
「さあ、私では判らないので向こうの人に聞いてみて」

若い人たちを指さす。

「ここで待ってたら収容バス来ますか?」
「さあ、ちょっとぼくには判らないんですけど。あの方に訊いてみてくれます」

責任者風の方を指さす。

「ここで待ってたら収容バス来ますか?」
「どうだろう?ちょっと判らないねえ。そういえばさっき2台走っていったねえ。しばらくはないかも。もしくはここのエイドが15:00に撤収するからそのあたりかなあ」

誰も知らない……(苦笑)。じっとしても寒いので、お礼を言って次のエイドまで歩いてみることにした。ここのエイドの撤収前には着けるかもしれないし、知っている人もいるかもしれない。

とぼとぼと痛む足を時々さすりながら歩いていくと、道向こうにコンビニエンス・ストアが見える。そういえばお腹もすいた。道を渡って店に入ると、サンドイッチと飲み物を買う。飲み物はビールだが、これは決して酒が飲みたいからではない。中世ヨーロッパものを読んだりしていると、よく貴婦人の方々が気絶すると気付け薬をかがせるという描写がある。この気付け薬はブランデーなのでビールとはちょっと違うのだが、同じアルコールでバ行の名前なので、多分似たような効果が期待できるかもしれない。

そう思いながら店を出ると、ちょうど収容バスが目の前で左折して去っていくところではないか!慌てて追いかけるように走るが、信号が赤なので道路を渡れない。それに後から考えたら、収容バスを走って追いかけるのって何か間違ってるよね(苦笑)。

無人島で飛行機に去られた気持ちになりながら信号を渡ると、遠くから次の収容バスが走ってくる。これは千差一隅のチャ~ンスッ!地味で目立たないと通り過ぎられそうなので、ノロシを上げるのが一番かと思い、燃えるものと火をおこすものと大きな布を探したが、どこにもなくて断念。借り物競争のプロならともかく、マラソン・ランナーにはハードルが高いブツだ。仕方がないので、タオルハンカチを頭上に上げて、ジャンプしながら大きく振り回す。はたして収容バスは哀れな子羊を見つけてくれて、ゆっくりと止まって扉を開いてくれた。これで一安心。座席に座り込むと、シートに体をうずめた。

DSC04290.jpg

さすがに1万人規模の大会だけあって、何台目のバスかは知らないがほぼ満員。ゆっくりとコースを走りながら、具合が悪そうなランナーに声をかけて乗せていた。観光バスを使っているので中はゆったり、空調が効いていてお茶とお菓子も出してくれる。しまった、もうちょっと早くから乗っていればよかった(笑)。雰囲気を読む私は、もちろんバスの中ではビールは飲まずにおとなしく席でお菓子をぱくついていた。

やがて収容バスはゴール付近に到着。雰囲気を読む私は、収容バスをバックにカニさん指で写真を撮ってもらうのをぐっとがまんして会場に向かった。完走はできなかったが、参加賞のTシャツはいただける。昨年と同じ長袖のシャツなのでうれしい。先週千葉マリンでがっかり大賞があっただけになおさらだ(笑)。

DSC04291.jpg

荷物を回収すると、昨晩泊まった宿に歩いていく。サービスでお風呂に入れさせてくれるのだ。これはうれしい。さっぱりした後は、足の調子もあるので喫茶店でえどがわ~ズ総帥とHTさん、MSさんを待つ。3人とも無事完走。その後は勝田で楽しい打上げ。まあ、世の中、いろいろあらぁね(苦笑)。


第58回勝田全国マラソン
日時2010/ 1/31(日)
場所茨城県勝田
天気
距離23.6km DNF (100kmの部)
タイム3:17:00




【言い訳】

最初は、

『勝田全国マラソンに参加。23.6kmでリタイア。いずれリベンジをしたい』

というメモの予定だったのに、書いているうちにいつも長くなってしまうのね。不思議~~~(苦笑)。まあ、まとめる力がナッシングということで勘弁してつかぁさい。


おまけ:「君よ勝田の風になれ」フル・コーラス



tag : DNF 42.195km 故障 ジョグ仲間

comment

Secret

>tarbobikeさん

どうもありがとうございます!既に手配写真がまわっているんですね(笑)。一応TMさんの真似して指がカニさんポーズです。

前夜の深酒についてはtarbobikeさんには言われたくないですよ(笑)。島で走る前に飲んで、走った後で飲んだりしている方ですから。奥武蔵は今年は同じ宿にしていただこうかと悩み中です。

いわきの日は特に何も予定が無いので、応援に行くのもいいかなと思っています。ただ、朝起きることができるか。これが最大の難点だったりします(大汗)。

No title

ご苦労様でした。写真はTMさんから見せていただきました。無理しないでたのしめたようですね。前日の深酒にもかかわらずすごいです。これからもがんばってください。私は2月にいわきサンシャインマラソンに参加します。それではよろしく。

>RUN子さん

どうもありがとうございます。また次回、また次回。

やはり連続参加による膝への疲労の蓄積が一番可能性が高いかもしれませんね。スポーツドクターには月曜に行ってきました。走ってみないと状態が把握できないのがやっかいですが、様子を見ながら無理なく続けていけるようにしたいと思います。

お疲れ様でした

サンタパパさん、お疲れ様でした!
勇気ある決断、さすがですね。宮古島、千葉マリン、勝田と立て続けに走っていらっしゃって、もしかしたら、膝の方も、エエカゲンニセ~ヨ!ってへそ曲げたのかもしれませんよ(スミマセン)。ま、人のこと言えた立場じゃぜんぜんないんですけど・・・。ゆっくり休んで、次の復活を楽しみにしています。
プロフィール

santapapa

Author:santapapa
小さい頃から運動音痴で今までまったく体育系クラブに属した経験がなかったのですが、2007年の2月からipodがきっかけでダイエット目的に走り始めました。だんだん走るのが楽しくなってきたランニング初心者でしたが故障のため走ることから引退しました(以下過去の話)。

最初は4km走るのもやっとでしたが、2007年6月にハーフ、2007年9月にフル・マラソンをやっとこさ完走。2008年3月には100kmウルトラを完走し、今はウルトラをメインに、バンド活動の傍らファン・ランを楽しんでます。生活の中で走ることの優先度が低いので、最近はたまにしか走らずリバウンドの兆しが悩みの種。大会参加でモチベーションをあげています。

自己ベストは10km=45:48(第10回記念大会ニューリバーロードレースin八千代 '07.12. 2)、
ハーフ=1:41:50(NET/第13回手賀沼エコマラソン、 '07.10.28)
フル=3:33:30(NET/第56回勝田全国マラソン大会 '08. 1.27)、
ウルトラ=12:34:40(100km/第4回伊豆大島ウルトラランニング '08. 3.29)、
=38:41:42(206km/第3回佐渡島一周エコジャーニーウルトラ遠足 '08. 9.13)。

なお、blog中の仮名は、自ら公開blogでHNをお使いの方以外は個人情報の関係上、原則アルファベットにしていますのでご了承ください。

2009年3月以前の過去アーカイブは旧ブログ『よっこらしょ』を参照。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ユーザータグ

故障 ジョグ仲間 ウルトラへの道 仮装 DNS DNF 時間走 10km 動画レポート ジャーニーラン 大人の社会見学 駅伝・リレー 映画 バンド 42.195km スライドショー チャリティ ライブ 記録集 受賞 ウォーキング 観戦記 マラニック オフ会 トレイル・ラン 10miles ウオーキング ボランティア・スタッフ 目標 動画 ものいい ハーフ 

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
経県値
Sports@niftyプロ野球速報
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蛍時計
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おともだちリンク
大会ガイド
ランニングお役立ちリンク
メーカーリンク
店舗・通販リンク
交通リンク
Santapapa's Joy
サンタパパの過去blog
「だがっき」と「おと」の庵
 音楽bog(休止中)
かたすみの映画小屋
 映画bog(休止中)
よっこらしょ
 旧ランニングbog(休止中)
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。