スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回 24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま

さぁて、何から話そうか?年寄りの繰言なので、くっだらないことをぐだぐだと、ちょっと長くなるだろう。ソファーに座ってミルクティーでも飲みながら、話半分にでも聞いてくれるとうれしいかな。


2007年10月、ようやく初めてフルマラソンを走ってから1ケ月経った頃、家から程近い場所の手賀沼エコマラソンに参加した。走るようになって初期の頃にジョグノートで知り合いになった浜松のMさんと、初めて会ったのがこの時。打ち上げの際に、尊敬する先輩にいろいろと教えていただいた。その時に先輩がこれからやりたいことのひとつに挙げられていたのが、24時間リレーマラソンだった。名称から言っても苛酷そうな雰囲気に遠い異国の話でも聞くような心地だったが、なぜかそのことは、ずっと私の心の引出しの奥にしまわれていた。

2008年6月、春先に初のウルトラマラソンに挑戦。秋の大会に向けての練習を考えて、ゆめのしまでの個人12時間走にエントリーをした。その直後、ジョグノートのリンク仲間のよしさんが、同じゆめのしまでの24時間リレーマラソンに出るチーム・メンバーを募集していることを知る。どんな楽しい大会なのだろう?そう思った私はよしさんにお願いして、空き時間での参加をさせてもらった。チームの仲間とタスキをつなぐ24時間。それは他のどんな大会でも経験することができない楽しい一昼夜だった。

2008年10月、手賀沼エコマラソンでのえどがわ~ズでの打上げで、24時間リレーマラソンの楽しさを語る。興味をもってくれたメンバーは翌年は参加してみようという気運が盛り上がる。

そして2009年6月、またゆめのしまの季節がやってきた。この日までに、昨今のマラソン・ブームや取りまとめに時間がかかってエントリーがぎりぎりだったり、私の手配ミスでテントを発注しそこねて別に手配したりなどいろいろあったが、なにはともあれ当日。土曜日の天気はまずまずだが、日曜はちとあやしいといった予報の中、スタート時に集まれるメンバーが午前中に三々五々集まってくる。久々の仲間との大きな行事にワクワク感が高まってくる。監督が変更したメンバー表を持って受付とミーティングに参加。我らがえどがわ~ズは、お揃いのニュー・ユニフォームで参戦。ナンバーカードを受け取ると、13時のスタートのためにそそくさと準備を整える。

それにしてもすごい人数だと思う。13時からは24時間リレーの他、24時間個人、6時間リレー、6時間個人がスタート地点に並ぶ。最初のタスキをかけたイッシさんがスタート地点に合流し、やがてカウントダウンとともにスタート。リレー組はいきなりダッシュで走りだすチームが多い。水牛の群れのような集団がバルーンゲートをくぐると競技場の外へ消えていく。

コースは競技場の内外を一筆書きで走る1周約1.266kmの周回。昨年と違って中継地点が3ケ所になったので、随分と混雑が緩和された。それでも人数が多いので、10分も経つと人の列は途切れずに輪っかになり、さしずめ夏のドライブインのテーブルでのソーメン流し状態。応援もしやすいが、お目当てのランナーを見つけるのに動態視力もかなり鍛えられそうだ。

エイドは2ケ所。スポーツ・ドリンクは昨年はメダリストだったが、今年はVAAM。バナナ、梅干し、飴などといった定番の他に、今年は時間によっていろんなものをだす七変化エイドもできていた。

私の「バイトのシフト表」は14時からだったので、13:30から準備をすると中継所でスタンバイ。右膝痛と左足底腱膜炎をかかえたままのこの3週間、この日があるのでエントリーしていた葛西臨海公園ナイトマラソンと阿蘇カルデラスーパーマラソンを見送って、症状はかなり軽くなってはきている。監督に無理しないようにと言われて、まずはタスキを受け取るとゆっくりと走りだす。とは言え、まわりがサッサカ走ると引きずられるのが人の常、セーブしているようなしていないような状態で、まずは最初に2周。その後は交代しながら2周ずつ3回走る。

今年は他のチームにも知っている人が多いので、競技場内のそのテントの場所に行くと知った顔を拝むこともできるし、隠れキャラな人(笑)もたまに顔を見る。また、個人で時間走に参加されてる方もいて、私がぼけっとしているとよく声をかけられる。でも会場が陸上競技場なので、エッチな本を買っているところをうっかり目撃される心配はないのが安心だ(笑)。

大会のルールには、周回の度に新しいネタを披露しなければいけないという規定はない。だが、本人の納得による履行であればその限りではない。とはいえ、さすがに毎度新ネタを考えるには約1.2kmはあまりにも短く、また遠い。これからは、頻度の高い再使用に耐え得る定番の持ちネタの開発が課題であろう。・・・って、何の話だ?

しかし暑い!競技場内の電光掲示板に「気温29度」と出ているし、やたらめったらテンションの高い(苦笑)アナウンスによると、ステージのあたりの寒暖計は35度、直射日光や照り返しで体感温度はそのぐらいになっているということだ。ちょっと油断してると、溶けてトラックのウレタン舗装の一部になってしまいそう。正直、この時間がいちばんキツかった。しかも今年になっての故障による走り込み不足と、さらにこの3週間はまったく走っていないので、「心肺能力が心配だなあ」と、脳への酸素不足が原因でオヤジギャグしか浮かばない有り様(この部分ツッコミ不許可)。

最初の1クールを終えて基地に戻ると一休み。びっくりしたのがいろんな人からの差入れがてんこ盛り状態。メンバーが持参したお菓子と合わせると、3日や4日は攻められても籠城できそうな感じだ。みんな大人なので「お菓子は500円まで(バナナはお菓子に含まれません)」と規定するわけにもいけないしなあ(笑)。

18時からは次のシフト。夏至に近いとは言え、空は徐々に青から紺に色濃くその姿を変えてきている。まず2周を回ると街灯のライトも目だってくる。ここで気分転換に、密かに用意した「ライトアップ・ビールマン マーク4~今度は顔も光ります」を最前線に投入。競技場内はそれなりに明るいのでちょっと効果は薄いが、外ではそれなりに目だってくれる。これで2周を回ると結構ウけてくれたので、20:00前にカーテン・コールでもう1周走ってきた。

その間、気になっていたのが夕食の時間。基地には配給のスパゲッティ・ミートソースが運び込まれていて、既にみんな食べているはずだ。うちのチームがもらっているのかは気になっていたので、走りながら電光掲示板で確認済みだ。完全に出遅れたと、思いながら夕食に。その後の流動的なシフトを監督に聞いたところ、夜半過ぎあたりに出番が来るのではないかという話。そうとなれば今のうちに仮眠をとろうと、21時前に寝袋に入る。21:30頃に救急車の音で身を起こしたが、その後はまどろみからすぅっと暗闇の底へ。

賢明なる読者諸君は既にお気づきであろうが(←白土三平調)、これはきっとあの予兆である。ヒントは夢の島。

前年のゆめのしまでは、12時間走の途中で眠くなったさる人物が、「30分経ったら起こしてほしい」と言いながら、いくら起こしても、ぐずりながら何度もまた寝たということがあったらしい。

その時を知る、よ○さん 「ええ、一所懸命何度も起こしたんですけど、その度に「あと30分」とか言って・・・」(音声は変えています)
その友人の、き○こ○しさん 「あの時はぼくも起こしたんですが、ぜんぜん起きてくれなかったですね・・・」(音声は変えています)

また、その人物は浜松での駅伝に行く電車に、寝坊で乗り損ねて遅刻したという前科もあるらしい。

そういった前科持ちの噂を聞きつけて恐れをなしたのか、チームの誰もが腫れ物でも触るように、熟睡する私を遠巻きに眺めて、時々生きてるのを確かめるように小枝でつついていたようだ(あくまでも邪悪で勝手な想像)。結局誰も起こしくれず、起きたら回りは明るく朝になっていた(泣笑)。しかもその話は最高機密なのに、なぜかよそのチームにも筒抜けになっていたのだ。間諜がいるに違いない(笑)。

ということで、夜中は勇士の方々が、黙々と走ってタスキをつなげていたということ。ううう、すまんす。

気を取り直して朝食をとると、レースの模様を見に競技場へ。曇天の薄明るい中、競技場の回りを人はひたすら走る。朝の清々しい空気を吸いながら、身体が次第に起きてくる。足の調子は思ったほど悪くなっていない。左の足底は走り込まなければもう痛くないし、膝はじっとしていれば時々ちくりとする程度。走るとまだ痛むが、それでも以前よりはかなり状態はよい。7:30頃からタスキを受けて3周、その後は交代しながら2周を2回走る。曇天が幸いして、走り易い気温だ。走れる喜びを感じる。

基地に戻ると配給のおにぎりとみそ汁が届いていた。とことん食事時間を外してしまってる(笑)。みそ汁が身体に染み込むようにうまい。オフの時間はいつも夏の普段着に多様している作務衣でぶらぶらしたが、その格好で足湯へ。このサービスも今年からだが、実に気持ち良く、「ほーっ」とため息をつきながらゆったりと足を浸した。ただ、時々うちのメンバーが通りかかって足湯に浸かったまま、「ファイト!」とか叫ぶが、ちょっと横着しているようで後ろ暗い(苦笑)。

テント片付け前にメンバーの勧めもあって、10時頃、最後に作務衣に雪駄で1周走ってみる。ただ、困ったのが計測チップ(笑)。これはモールで右の鼻緒に縛りつけた(笑)。iPodの計測センサーは左足に。雪駄はナイキ製ではないがソックスはCW-Xの5本指なので、遠目にはうまく足袋に見える(笑)。最初はこれは走りにくいかなと思っていたが、元々今の状態ではそんなに早いペースでは走れていないので、意外に遜色ない(苦笑)。終盤で弱って疲れている人を雪駄で抜くといった、非道もしてしまった。

テントを片付けてあと2時間。心配されていた天気も崩れず、むしろ陽がさして暑くなってくる。各チームは最後の追い込み。うちのチームも小まめなタスキリレーで最後をつなぐ。長く短い24時間が終わりに近づいてくる。胸をいろんな思いがゆっくりとよぎってきた。

ラスト10分、監督がアンカーとして脱兎のごとく走る。いよいよ大詰め。最後の1周をなるべく延ばせるようにどのランナーも足を前に運ぶ。そして、タイム・アウト。メンバーは競技場入り口で監督と合流して一緒に歩く。みんな、とってもいい笑顔。ノボリを持ってゴールして、ちょっとうるうるしたメンバーもいて、本当に参加できてよかったと改めて思った。24時間を、ゴール時にはいることができなかったメンバーも含めて仲間と迎えたこの気持ちは、きっと他の大会では味わえない。ジャック・バウアーでも判らないだろう。

基地に戻ると青空の下で乾杯!!弾ける笑顔、弾む会話。安堵と達成感がじわっと広がってくる。若葉薫る初夏の風に包まれて、ひとときの幸せに身をゆだねた。

その後は有志で風呂に行って、ゆっくりリラックス。気がつくと外は暗く、大雨が振りだしていた。また来年も、こんな素敵なホリデーでありますように。



第8回 24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま
日時2009/ 6/13(土)~14日(日)
場所東京都江東区夢の島競技場
天気
距離24.1km
タイム2:25:42


ゆめのしま01


タグ:駅伝・リレー ジョグ仲間 故障 時間走 仮装

tag : 駅伝・リレー ジョグ仲間 故障 時間走 仮装

comment

Secret

プロフィール

santapapa

Author:santapapa
小さい頃から運動音痴で今までまったく体育系クラブに属した経験がなかったのですが、2007年の2月からipodがきっかけでダイエット目的に走り始めました。だんだん走るのが楽しくなってきたランニング初心者でしたが故障のため走ることから引退しました(以下過去の話)。

最初は4km走るのもやっとでしたが、2007年6月にハーフ、2007年9月にフル・マラソンをやっとこさ完走。2008年3月には100kmウルトラを完走し、今はウルトラをメインに、バンド活動の傍らファン・ランを楽しんでます。生活の中で走ることの優先度が低いので、最近はたまにしか走らずリバウンドの兆しが悩みの種。大会参加でモチベーションをあげています。

自己ベストは10km=45:48(第10回記念大会ニューリバーロードレースin八千代 '07.12. 2)、
ハーフ=1:41:50(NET/第13回手賀沼エコマラソン、 '07.10.28)
フル=3:33:30(NET/第56回勝田全国マラソン大会 '08. 1.27)、
ウルトラ=12:34:40(100km/第4回伊豆大島ウルトラランニング '08. 3.29)、
=38:41:42(206km/第3回佐渡島一周エコジャーニーウルトラ遠足 '08. 9.13)。

なお、blog中の仮名は、自ら公開blogでHNをお使いの方以外は個人情報の関係上、原則アルファベットにしていますのでご了承ください。

2009年3月以前の過去アーカイブは旧ブログ『よっこらしょ』を参照。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ユーザータグ

故障 ジョグ仲間 ウルトラへの道 仮装 DNS DNF 時間走 10km 動画レポート ジャーニーラン 大人の社会見学 駅伝・リレー 映画 バンド 42.195km スライドショー チャリティ ライブ 記録集 受賞 ウォーキング 観戦記 マラニック オフ会 トレイル・ラン 10miles ウオーキング ボランティア・スタッフ 目標 動画 ものいい ハーフ 

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
経県値
Sports@niftyプロ野球速報
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蛍時計
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おともだちリンク
大会ガイド
ランニングお役立ちリンク
メーカーリンク
店舗・通販リンク
交通リンク
Santapapa's Joy
サンタパパの過去blog
「だがっき」と「おと」の庵
 音楽bog(休止中)
かたすみの映画小屋
 映画bog(休止中)
よっこらしょ
 旧ランニングbog(休止中)
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。