スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回南魚沼グルメマラソン

魚沼といえばコシヒカリ。日本人の主食であるコメの有名な産地だ。そんな新潟県は南魚沼で今回初めて第1回南魚沼グルメマラソンというのが開催されるという。

もしかして、これはこのレースに呼ばれている?

そう(勝手に)感じた私はレースに参加することに決めた。ポチッとな。

最初は何の気なしにひとりでぶらりと行って、軽く走って温泉にでも入って帰るつもりだった。ところがふとしたきっかけで一昨年の佐渡一周以来仲良くしていただいているturbobikeさんが参加されることを知った。しかも仮装を考えているということらしい。ぬうっ!私は仮装ランナーではないのだが、走りでは決して勝てないものの仮装では負けられない(笑)。早速仮装で対抗することを検討して研究室に籠もった。

そんな時、実はチーム車座のメンバーにもこの第1回南魚沼グルメマラソンに参加する予定がある人がいることを知る。しかも中でもタフマンさんに至っては仮装をして賞を狙うというのだ。ぬうっ!私は仮装ランナーではないのだが、走りでは決して勝てないものの仮装では負けられない(笑)。これは仮装で対抗することがのっぴきならぬと思い、研究室で日々検討と検証と研鑽に没頭した。

水都大阪100kmウルトラマラニックから3週間。佐鳴湖国際駅伝と坂井市古城マラソンの出走をあきらめて足の回復に務めた。その甲斐あって、膝の痛みはかなり和らいできたが、当然また完治といった状態には至っていない。この大会、ハーフと5kmの2種類の競技があるのだが、今回は5kmのレースへのエントリーで制限時間が45分といったことで、故障中でもなんとか参加ができるという見通しがついた。ちなみにそもそもなぜハーフではなくて5kmにエントリーしたかといえば、それだけ長く飲み食いできるからだ(笑)。

行きは夜行バスに乗りたいので(笑)、金曜日の晩に出立。寝酒をやりながら長岡まで移動する。3月ののっとれ!松代城以来の長岡経由の遠征だ。長岡からは電車の約40分揺られて浦佐まで行くことになる。受付は10:00から、スタートはハーフが14:00、5kmが14:15からだが、朝の6:30には早くも着いてしまった。

駅からは1本道で案内の矢印も判りやすい。コンビニエンスストアで朝食と飲み物を買うと、とりあえず受付地点まで行ってみることにした。さすがは南魚沼のコンビニエンスストアだけあって、八海山のワンカップが置いてある。スタートまでまだ時間もたっぷりある。天気は朝から暑いぐらいにカンカンに晴れていた。梅雨入り前の夏日になりそうだ。

7:00前に現地に到着。さすがに誰もいなかったが、7:00を過ぎるとスタッフが三々五々集まってきた。ちなみに一昨年の24時間リレーinゆめのしまの参加賞Tシャツを着ていたのだが、この大会のスタッフTシャツも同じ黄緑色。遠めに見たらスタッフと間違えられそうだ。

とりあえず時間まで近くを散策したり、日陰で横になったりとのんびりと休日の朝を過ごす。遠くに見える八海山が勇壮だ。さすがは酒の国新潟。お酒の名前を山につけたのだなあと思っていたら、どうやら違うらしい(笑)。逆なのか……。途中地元のおじいちゃんが自転車で近づいてきて、なんのイベントかを尋ねてきていろいろとお話。励ましもいただいた。

10:00前には受付も始まったので、ナンバーカードと計測チップを受け取る。ナンバーカード引換証にも書いてあったが、5kmの競技は安全と景観を考慮してフルマラソンの1/8の距離になる5.274kmに変更。なに?また、どこぞの王女様が観覧席から見たいなどとわがままを言ったのか(笑)。まあしかし、それはそれで走れば同時に自己ベストになるからどんと来いだ。なにせ5.274kmは初めて走るからな(笑)。

しばらくすると朝の新幹線で到着したチーム車座の幸猿さん、タフマンさん、yaraworldさん、もぐりん娘。さんが登場。合流する。スタートまでまだ3時間以上あるしタッチーさんは昼前に着くということで、とりあえずシートをひいて一休み。不思議なことになぜかその場にウイスキーや炭酸水やコップを持参している人がいたので、気付け薬代りに補給することにした。仕方ないなあ。

そうこうしている間にタッチーさんから連絡があったので、駅前に昼食を兼ねて迎えに行く。全員揃ったところでカーボ・ローデングと給水が必要なので駅前の食堂に入って昼食。店を出る時にテーブルの上に空のビールジョッキや八海山の空き瓶があったような気がするが、多分気のせいだろう。

太陽は頭上で容赦ない日光を浴びせかけ、気温は30度を優に超えていそうだ。走るにはちょっとつらそうな気候だ。陣地に戻ってもあと1時間以上ある。気付け薬を少し補給しながら走る準備を始めた。

今回、仮装を考える上においては、やはり大会のテーマに合った形の仮装を考えてみた。南魚沼=コシヒカリという観点から言えば、やはり米俵が象徴的で判りやすいだろう。そう思って米俵を入手すべく、近所のお米屋さんにお米を買いに行った。ところがなんと、最近のお米は米俵ではなくてビニール袋に入っているのだ!!知ってました?しかもプラッシーも置いていないという驚愕の事実を知って、足元がガラガラと崩れ落ちるような敗北感を味わった。

しかしよく考えて見ると、私が米俵を身に纏ったりしようものなら河原でお金をねだる姿が違和感無く似合いそうな気もする(苦笑)。ここは若干方向転換が必要だ。好きこそものの上手なれ。また、慣れた格好であれば行動もおこしやすい。そうだ。お酒の格好はどうだろう?そもそも新潟は日本有数の酒所だ。

ということで熟考を重ねた結果、日本酒の徳利の格好で出ることに決めた。ただ、ありものの衣装をただそのまま使うだけなのは工夫がないので、それはポリシーとして避けたい。背中に「清酒 南魚沼」、「チーム車座」と書いたシールを貼るのはもちろん、米販売店のディスプレイ用の小さい米俵を本場新潟から取り寄せて肩にかつぐことにした。事前にお酒を飲んだのも、演出でほろ酔いの赤い顔にするために仕方なく飲んだのだ(笑)。顔に赤いドーランを塗たりしても不自然でしょ?ね?

さらにもう一工夫必要かなと思い、熱燗の雰囲気を出すのに電池式の小型超音波加湿器を頭に固定して霧に光を当てて演出するようにしてみたが、現地でつけてみて結果は大失敗。頭への固定の方法と、昼の明るい時の湯気の見せ方にまだまだ多くの工夫がいりそうだ。

DSC07800.jpg

そうこうしているうちにスタート時間が近づいてくる。私以外はほとんどの人がハーフに参加なので、皆でスタート地点に移動する。スタート地点でturbobikeさん、UMさん、TIさん、ずるうさぎさんたちと遭遇。うれしいねえ。写真を撮ったりしてスタート前のひとときを過ごした。

14:00になってまずはハーフのランナーが「いただきます!」の掛け声と共にスタート。私はturbobikeさんと一緒に5.274kmのスタート地点に移動する。

DSC07810.jpg

それにしても暑い!真夏日の太陽がギラギラと照りつけて、「厚着」の我々を蒸し焼きにしていく。下手するとゴール後のグルメ屋台の前に走っているこちらの方がいいぐあいにこんがりと焼き上がりそうだ(苦笑)。

私ははなから制限時間ギリギリの速度でしか進めないが、turbobikeさんも全身着ぐるみ状態で「暑い!暑い!」と言いながら最後まで一緒に併走してくれる。スタート後は主催の福田六花さんも走りながら声をかけてハイタッチをしてくれた。

1.5kmあたりで最初のエイド。普通は5km程度のレースだとエイドがないのが普通だが、こうしてあってくれるととてもありがたい。しかも今日はかんかん照りなのでなおさらだ。水とニンジンスティックが置いてあって、水をいただくとニンジンスティックはボリボリ食べながら走ることにした。隣ではウィンドアンサンブルの演奏もあり、エイドでもそちらでも仮装に大いにウケてもらって、しみじみと走る幸せを噛み締めた(笑)。

DSC07829.jpg

コースはスタート地点の公園から八海山に向かって走って行き、時計回りにぐるりと5.274kmを走る。広く開けた風景は目に気持ちいい。特にそれまでに見たこともないほどの大きな田圃もあり、大地の恵みを感じた。

4km地点にまたエイドがあって給水と応援をうける。ここも隣にはコーラス隊がいて、turbobikeさんと2人で愛嬌をふりまくとゴール目指して走って行った。

いよいよあと500mとなった時、目の前に私設エイドが。そこには八海山の一升瓶がドンッと置いてある。

おおおおおおおっっ!!

砂漠のキツネ、じゃなかった、砂漠にオアシスとはこのことだ!ここで地元の銘酒をいただかないのは地元とお酒に対して失礼に当たるだろう。ということで敬意を表する意味も込めて、八海山をおいしくいただいて元気百倍!ごっくんっ!残り500mをラスト・スパートだ。ペースは変わらないが体感速度だけは倍ぐらい早いぞ!(笑)

DSC07850.jpg

最後は公園廻りの池を横に眺めて走りながら、なんとかゴール。ふうっ、暑かったっ!ゴールするとスタッフの女の子がおしぼりをくれて、シューズの計測チップを外してくれる。こういう心遣いはうれしい。計測チップは出口で参加賞のお茶碗=お箸セットと交換だ。

「この格好でも記録証出してくれますか?」

と言うと、笑いながら、

「もちろんですよ」

と言われた。

まずは着替えるために荷物置き場まで移動。距離がちょっとあるのが残念かな。人間に戻って(笑)一休みしてから、またゴール地点の会場に戻る。ゴール地点では屋台が長く2列にずらりと立ち並び、地元特産の食べ物を出しているのだ。雪蔵保存したというコシヒカリはさっきもらったご飯茶碗で何杯食べても無料。さすが米所だけあって、保存もいいのだろうが新米でなくてもとてもおいしい。空気のいい所を汗流して走ったことも大きなスパイスになっているだろう。

そして屋台のおかずは有料だが、地元のもち豚を使った料理や岩魚の塩焼き、美雪ます、肉豆腐、戦国カレー(謎)など数多くの種類が用意されている。もちろん地ビールに越後ワイン、地元八海山醸造、青木酒造、高千代酒造の日本酒も売っている。まずは走った後にビールを1杯。久々のお酒はうまいねい(笑)。

DSC07866.jpg

ごはんは1杯だけいただくと、ステージ前の芝生に場所をとってハーフのランナーの帰りを待つ。天気が良すぎるぐらい晴れてたからよかったが、雨が降ったら数多くのランナーはどこで食べるんだろうとちょっと心配。

夜行バス疲れからか、はたまたなぜか不思議なことになぜかアルコール血中濃度があがったからか、陣取った場所に座っていて油断すると寝ちゃいそうだ(笑)。ステージ横では地元のゆるキャラこめつぐ君が愛嬌をふりまいていて一緒に写真を撮ってもらう衝動に駆られたが、廻りは小さなお子様ばかりだったので我慢した(笑)。ステージでは順位表彰、そして松任谷正隆氏のトークショーが行われた。松任谷正隆氏は今日の5.274kmが初マラソン挑戦で見事完走。ちなみに氏の結婚式の仲人が主催の福田六花氏の父親だったというのが縁なのだそうだ。

その後は仮装賞である直江兼次賞の発表。残念ながら選に漏れて結構くやしいが仕方がない(苦笑)。そして福田六花先生のライブ演奏が始まった。

DSC07879.jpg

ところでハーフに参加したランナーは少しずつ帰ってきてはいるが、なかなかうちのメンバーが戻ってこない。実は30度を優に越す暑さと給水所の水が無くなってしまったりで、ハーフに参加したランナーはかなりの苦戦を強いられたらしい。制限時間の3時間になるあたりからやっと1人ずつ全員なんとか帰還して一安心。炎天下の3時間で皆が相当に疲労困憊してしまっていた。この異常な暑さの中では無理もない。

新潟の方々にあいさつしたりメールを打ったりして、早々に会場を後にする。宿の女将さんが車で迎えに来てくれたのは大変助かった。まずは入浴してゆっくりと汗を流し、いよいよ南魚沼の土曜の夜は更ける(笑)。


第1回南魚沼グルメマラソン
日時2010/ 6/12(土)
場所新潟県南魚沼市
天気
距離1/8マラソン(5.274km)
タイム45:33



第1回南魚沼グルメマラソンスライド・ショー



【そして酒池肉林は翌日夜まで続く(笑)】

tag : ジョグ仲間 故障 仮装 動画レポート

comment

Secret

>銀のねこさん

新しい方のブログにご訪問どうもありがとうございます。先輩にご訪問いただきまして恐縮すると共にうれしいです。銀の猫さんのブログは昔の佐渡の記事を読んで以来、知った方も時々見かけるのでRSSに登録して読ませていただいてたんですが、なにげに南魚沼グルメマラソンの写真を見て飲んでたビールを吹いてしまった次第で(^^;。ごあいさつも差し上げずに大変恐縮しておりますm(__)m。

この暑い時期だと10kmのレースはそこそこ見かけますが、ハーフは大会としてもちょっときついかもしれませんよね。それにやっぱりいっぱい食べたいです(笑)。

佐渡は今のところ故障している膝の具合次第でまだ様子見ですが、奥武蔵、えちごくびき野は募集即エントリーしましたよ(^^)。またお会いできるのを楽しみにしています。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

>なすびんさん

いや、呼称の通りです(笑)。私は薄い人間ですが(体型除く(^^;)、こういう大会だと濃い方々が集まりますねえ。いろんな意味で楽しかったです。一応仮装で変装したつもりだったんですが(^^;。

エントリー料や交通費がかかっても友人同士で飲んでがやがやはプライスレスです(*^^*)。

お疲れ様でした♪

あなたがあのsantapapaだったとは☆
お互いに気付かず、まともにご挨拶も出来ませんでしたね(笑)
ま、次にお会いする時はもう大丈夫ですから♪^^

それにしても到着早々かなり楽しまれたご様子ですねぇ~。
スタート前からのガソリン補給も万全ですし(爆)

私も今回のレースを振り返り、
来年は必ず5kmにエントリーすることを決めました♪
ちなみに5kmは定員も少ないので、高速クリックでエントリーですね(笑)
お互いにまた来年、南魚沼でグルメを満喫しましょうね♪

今年は奥武蔵、佐渡、くびき野などにも出る予定です。
またお会いすることもあるでしょう。
今後ともよろしくお願い致します♪^^

No title

1kmのランより3度の飯さ~ん!
メンバー濃すぎ!!!

こが大会のブログやコミュみてたら、濃ゆいところでよ~くでちょる毎度毎度の顔しかいないじゃん!しかもそん中でもいっとう写っているし。

ま。仮装しなくても目立ちまくる六花さん監修だから、仮装でもしておかないと個体識別しズラそうですけどね。。

あと、エントリー費と交通費だけで最高級の天空米5kgは買えると思うのはわたしだけ?
プロフィール

santapapa

Author:santapapa
小さい頃から運動音痴で今までまったく体育系クラブに属した経験がなかったのですが、2007年の2月からipodがきっかけでダイエット目的に走り始めました。だんだん走るのが楽しくなってきたランニング初心者でしたが故障のため走ることから引退しました(以下過去の話)。

最初は4km走るのもやっとでしたが、2007年6月にハーフ、2007年9月にフル・マラソンをやっとこさ完走。2008年3月には100kmウルトラを完走し、今はウルトラをメインに、バンド活動の傍らファン・ランを楽しんでます。生活の中で走ることの優先度が低いので、最近はたまにしか走らずリバウンドの兆しが悩みの種。大会参加でモチベーションをあげています。

自己ベストは10km=45:48(第10回記念大会ニューリバーロードレースin八千代 '07.12. 2)、
ハーフ=1:41:50(NET/第13回手賀沼エコマラソン、 '07.10.28)
フル=3:33:30(NET/第56回勝田全国マラソン大会 '08. 1.27)、
ウルトラ=12:34:40(100km/第4回伊豆大島ウルトラランニング '08. 3.29)、
=38:41:42(206km/第3回佐渡島一周エコジャーニーウルトラ遠足 '08. 9.13)。

なお、blog中の仮名は、自ら公開blogでHNをお使いの方以外は個人情報の関係上、原則アルファベットにしていますのでご了承ください。

2009年3月以前の過去アーカイブは旧ブログ『よっこらしょ』を参照。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ユーザータグ

故障 ジョグ仲間 ウルトラへの道 仮装 DNS DNF 時間走 10km 動画レポート ジャーニーラン 大人の社会見学 駅伝・リレー 映画 バンド 42.195km スライドショー チャリティ ライブ 記録集 受賞 ウォーキング 観戦記 マラニック オフ会 トレイル・ラン 10miles ウオーキング ボランティア・スタッフ 目標 動画 ものいい ハーフ 

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
経県値
Sports@niftyプロ野球速報
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蛍時計
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おともだちリンク
大会ガイド
ランニングお役立ちリンク
メーカーリンク
店舗・通販リンク
交通リンク
Santapapa's Joy
サンタパパの過去blog
「だがっき」と「おと」の庵
 音楽bog(休止中)
かたすみの映画小屋
 映画bog(休止中)
よっこらしょ
 旧ランニングbog(休止中)
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。