スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土方歳三メモリアル第4回歳の鬼あし多摩川50km

多摩川といえばアゴヒゲアザラシのタマちゃんを思い出すが、西玉夫という名前を持っていたとは知らなんだ(笑)。

太平洋~猪苗代湖~日本海へ 230kmを走り終えた5/4(火)は新潟から夜行バスに乗り、翌5日の朝に到着。その日はたっぷりと眠る。翌5/6(木)は仕事。病院に行って膝を見てもらう。右膝はかなり腫れてはいるが、青梅マラソン直後に比べれば走った距離を考えるとそれほどでもなく、膝の水の量も半分以下。数日は無理なく過ごすように言われる。

5/8(土)は皇居クリーン10kのボランティア・スタッフ。走ることはないので負担はあまりない。若干足を引きずっていたようだが、打上げで飲むと痛みはなくなった(笑)。

5/9(日)、土方歳三メモリアル第4回歳の鬼あし多摩川50km当日。膝は若干痛むが4日前に比べればかなりい状態だ。この大会は距離も短くて手頃で制限時間も8時間と長く、またチーム車座の仲間も参加するので走らなくても行きたい大会でもある。本命の大会でもないので、回復度を測るために朝の状態で走ってみることに決めた。もちろん、あわよくば完走しようという色気もある。うっふぅ~ん。

眠い目をこすりながら準備をすると玄関に向かう。さすがに3日間でいつも使っているシューズのNewyorkもへたれているだろうと思い、昔使っていたクッション性のいい NIKE 180+を引っ張り出して履く。この時、寝ぼけて両方に右のインソールを入れたことに気づいていなかった(苦笑)。いくらなんでも、まさかそんなボケをかますとは思わないもんなあ。

空は前日に引き続いていい天気。日中はかなり暑くなりそうだ。うつらうつらしながら電車に乗ると、一路日野を目指して行く。

受付会場は日野駅から徒歩15分ぐらいの日野市市民の森陸上競技場。当日受付開始の時間あたりに到着。入り口でスタッフ・ジャンパーを着たチーム車座の座長さんと出会ってあいさつ。今日は座長さんと赤波さん夫婦は今日はこの大会のボランティア・スタッフを務めるのだ。知っている方がスタッフにいると勇気百倍。気も楽になる。

受付テントに行くと、赤波さんと急遽昨日来たというタッチーさんがナンバーカードをランナーに渡している。参加賞はタオルに新選組のハチマキ。受付前には今日走る予定のチーム車座メンバーの8マンさん、トリニティさん、チャックさん、幸猿さんが集まっていた。駅からタクシーで会場に来る途中、私に似た人間が会場に向かって歩いているのを目撃したそうだ(笑)。オレ、オレだよ。オレ、オレだってば、それ。って、詐欺じゃないよ。

8:30からは競技場内で開会式。山縣さんのごあいさつに実行委員長の赤木先生のごあいさつ。助っ人で舘山さんも来られていて、31km地点エイドでカレーをふるまうそうだ。チャックさんはチーム車座代表ということで招待選手として紹介。スタート前には8マンさんの「エイ・エイ・オー!」で気合を入れる。

IMGP0595.jpgIMGP0592.jpgIMGP0591.jpg

9:00にスタート。競技場内のトラックを1周すると場外に走っていく。コースとしては、日野市を中心にいくつかの折り返しを経てスタート地点に戻ってくる。多摩川を中心に基本的に付近の川沿いを走るコースだ。

IMGP0602.jpgIMGP0601.jpg

トラックを回る時から右足はかなり引き擦り気味。今日は最初からちょっと痛みがある。数kmでのリタイアも止むなしの雰囲気だ。競技場を出ると一気にペースを落として競歩状態にした。見る見るうちに走る集団はひとかたまりになって走り去っていく。

橋を渡るとまずは多摩川の河川敷に降りて、微風の中を走る。うららかな5月の日曜日の朝だ。陽の光が肌にくすぐったい。野球に興じる人達を横目に見ながらスタスタと足を進めていった。

IMGP0605.jpgIMGP0615.jpg

一度土手に上がると、もう先頭ランナーが第一折り返し地点の多摩大橋から戻ってきている。早っっ! ヒマなので(笑)、すれ違う度にランナーにエールを送っていく。やがてチーム車座のメンバー全員とすれ違って無事を確認。最初のエイドで一息をついた。

折り返し180度回って進むと、後には数人のランナーとすれ違うだけ。孤独に近い旅が始まる。野球のグラウンド付近ではちょっと謎の矢印(苦笑)に惑わされるが、元々往復コースなのでさほどよけいなことはせずに順路を進むことができた。

しばらく進むとちょっと雉撃ちがしたくなる。ちょうど走路のスタッフがいたので厠の場所を聞いたのだが、コース上だとかなり先にいかないとなさそうらしい。コースを少し外れたところの野球場を薦められて、そこでしばし座って休憩。体重も若干軽くなる。

最初だけ少し走ったものの、このオツトメでチャラ。後はひたすら競歩なので9'00"/kmから10'00"/kmの間で進んでいる。まさに制限時間の狭間をふらふらしている。

10kmを過ぎたところで土手に上がってエイドで給水。先を進むとクマンバチが1匹、2匹と飛んでいる。

ひぃ~~~っ!こあいようぅっ!

刺激しないように緊張しながら走ることになった。昨年、マラソン大会の最中に蜂に襲われたニュースもあったもんね。

エイドは5km程度の間隔であるのだが、スピードがのろいとそれだけ時間の間隔も空く。たまに少ない自動販売機を見つけて水分を補給しながら先に進んだ。座長さんと赤波さんが担当する第4エイドは18.5km。とりあえずは歩いてでも少なくともそこまでは行きたい。

15kmを過ぎて新井橋橋を渡ると左右の往復コースに入る。右折してしばらく走ると幸猿さん、そしてトリニティさんと遭遇。第4エイドは近いとはげましてくれた。

IMGP0685.jpg

やがてその駒形公園の第4エイドが近づいてくる。手前の土手の上に道を示す2人のスタッフが待機していた。目的のエイドが近づいてきている、そのあまりのうれしさについつい大きく手を振りながら駆けていく。するとスタッフの方が慌てて駆けつけてきた!

「大丈夫ですか!?どうかしました!?」

どうも両手で大きく手を振ったのがSOSのアピールに見えたらしい(汗)。右膝の白いサポーターが痛々しいし、危なげに走っているから誤解するのも無理はない。悪いことをしちゃった(汗)。せめて、Y・M・C・Aとかにするべきだったか。

土手を降りて第4エイドに到着。座長さん、赤波さんに歓迎してもらう。おにぎりをほお張り、水分をたっぷりとってお礼を言うとエイドを後にした。あとちょっと、半分の25kmあたりまでは行けそうな気がする。

再び川を眺めながら一人旅。20km地点を 12:15に通過。やがて先程渡って来た新井橋を通過すると、もうトップランナーの次ぐらいのランナー達は40km地点を超してゴール目指して走っている。

25km地点を13:04分に通過。ちょうど半分でこのペースだと確実にタイムアウト。少しペースを上げてみる。久しぶりに左足の底にマメができた感覚をおぼえる。後で思ったが、寝ぼけて右のインソールをいれたのと、久々に履いたシューズが縮んでいたせいもあるかもしれない。血マメになっていたが、マメには割と強い方なので気にせず足を進める。

関戸橋を過ぎて最後の折り返し前の土手で8マンさん、チャックさんに遭遇。昼下がりの暑さにやられて疲労の色が見えている。励まし合って別れると次のエイドを目指した。

29.4kmのエイドに着いたのが 13:40。ペースを上げた甲斐はあったようだ。このまま膝の状態を気にせずに気力で進めばあるいは時間内完走も見えたかもしれない。が、ここで本命でもない大会で悪化させても益はないので、リタイアを決めた。ここならなんとか悪くまではならなそうだ。

IMGP0758.jpgIMGP0761.jpg

聞くと、エイドでリタイアをすれば、時間はかかるが回収してゴールまで送ってくれるのだそう。先客も2人いて、私の後にもう1人リタイア。ちょっと一安心。まずはエイドでゆっくり休んで水をたっぷりと飲んだ。心残りはこの先のカレーエイドに寄れなかったことだが仕方ない。余ったスタッフ用弁当までごちそうになってしまった。

女性2人は先行して先の車に乗り、もうひとりのリタイアした方とランニング談義。なんとその方はスポーツ嫌いだったのだが、体型維持のために昨年9月から走り始め、今年の4月にフルマラソン初完走。今回50kmに挑戦してみたのだそうだ。その急成長ぶりにびっくり。

またここのエイドのスタッフの方は昨年末の学芸大学48時間走でもエイドをやっておられて、参加した私のことも覚えていただいていて感激。48時間走の参加者が少なかったのもあると思うけど。

エイドで折り返してくるランナーを見ていると、やがて幸猿さん、トリニティさんが順次走ってきた。励ましたり、気を注入したり(笑)しながら、完走を目指すランナーを見送る。完走を目指して走るランナーはみな美しい。

しばらくすると迎えの車の方が来て、少し離れた止めてある場所に案内してくれる。足を軽く引きずりながら、後に従ってついて行った。

「もうちょっと。あそこの白い車と青い車です」

そう言いながらぼんやりと後ろを歩く。なんとなく見たことあるような車の気が……。

車の前で回収のスタッフの方がこちらを見てニコニコしながら待っている。

「!……ざ……座長ぉ~~~っ!(笑)」

第4エイドにいた座長さんがこちらに廻ってくるとはなんという自分のネタ体質、じゃなかったなんというサプライズ!この時は伴侶の赤波さんには悪いけど、座長さんとの運命の赤い糸を感じましたよ(笑)。

先客と一緒に車に乗せてもらうと、残りのエイドを廻ってゴールに送っていただいた。窓の外に時に苦しそうに、時に楽しそうに走るランナーの姿を見ながら。

ゴールに戻ると、シチューといなりずしをいただく。これもおいしい。カロリー収支はきっと黒字だ(笑)。

そしてゴール・カメラマンをしていたタッチーさんと赤木先生が、せっかくなのでゴール写真を撮るように薦めてくれたので、ポーズをとったのが下の写真(笑)。

IMGP0763b.jpg

orz


既に8マンさんもチャックさんもゴールを決めていた。今日はエントリーしていないぽちさんもリュックを背負って走りながらコースで応援しているらしい。

着替えてシャワーを浴びると、幸猿さん、トリニティさんのゴールを待ち、テープを切るのを祝った。それぞれこの大会に賭けた思いを胸に、ゴールまで気持ちを運んできたことだろう。ヘタレ担当の私がリタイアしたものの、まずは無事故で全員が揃う。よかったよかった。

17:00に大会も無事終了。主催者の気持ちが伝わる暖かい大会だった。エイドから戻って来た舘山さんにもごあいさつ。早くちゃんと復帰して来年以降にでも「昨年の忘れ物」を取りにいかなくちゃ。

6人で新宿まで出ると打上げで乾杯。仲間がいて、そして走れる幸せ。大事な宝物だぁね。

土方歳三メモリアル第4回歳の鬼あし多摩川50km
日時2010/ 5/ 9(日)
場所東京都日野市 多摩川沿い
天気
距離29.4km DNF(50km)
タイム4:40:0


■土方歳三メモリアル第4回歳の鬼あし多摩川50km スライドショー


tag : ウルトラへの道 故障 ジョグ仲間 DNF

comment

Secret

プロフィール

santapapa

Author:santapapa
小さい頃から運動音痴で今までまったく体育系クラブに属した経験がなかったのですが、2007年の2月からipodがきっかけでダイエット目的に走り始めました。だんだん走るのが楽しくなってきたランニング初心者でしたが故障のため走ることから引退しました(以下過去の話)。

最初は4km走るのもやっとでしたが、2007年6月にハーフ、2007年9月にフル・マラソンをやっとこさ完走。2008年3月には100kmウルトラを完走し、今はウルトラをメインに、バンド活動の傍らファン・ランを楽しんでます。生活の中で走ることの優先度が低いので、最近はたまにしか走らずリバウンドの兆しが悩みの種。大会参加でモチベーションをあげています。

自己ベストは10km=45:48(第10回記念大会ニューリバーロードレースin八千代 '07.12. 2)、
ハーフ=1:41:50(NET/第13回手賀沼エコマラソン、 '07.10.28)
フル=3:33:30(NET/第56回勝田全国マラソン大会 '08. 1.27)、
ウルトラ=12:34:40(100km/第4回伊豆大島ウルトラランニング '08. 3.29)、
=38:41:42(206km/第3回佐渡島一周エコジャーニーウルトラ遠足 '08. 9.13)。

なお、blog中の仮名は、自ら公開blogでHNをお使いの方以外は個人情報の関係上、原則アルファベットにしていますのでご了承ください。

2009年3月以前の過去アーカイブは旧ブログ『よっこらしょ』を参照。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ユーザータグ

故障 ジョグ仲間 ウルトラへの道 仮装 DNS DNF 時間走 10km 動画レポート ジャーニーラン 大人の社会見学 駅伝・リレー 映画 バンド 42.195km スライドショー チャリティ ライブ 記録集 受賞 ウォーキング 観戦記 マラニック オフ会 トレイル・ラン 10miles ウオーキング ボランティア・スタッフ 目標 動画 ものいい ハーフ 

FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
経県値
Sports@niftyプロ野球速報
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蛍時計
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
おともだちリンク
大会ガイド
ランニングお役立ちリンク
メーカーリンク
店舗・通販リンク
交通リンク
Santapapa's Joy
サンタパパの過去blog
「だがっき」と「おと」の庵
 音楽bog(休止中)
かたすみの映画小屋
 映画bog(休止中)
よっこらしょ
 旧ランニングbog(休止中)
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。